ウクライナ残存記

さて、知っている人も知らない人もいると思いますが、2012年夏、「生き残る」ということをアジア横断の旅に出る前に一度経験しておこうという心持ちで、ソビエト時代からの移変が未だに終わらない国、ウクライナに行ってきました。

下の記事を読んでいただければわかると思うんですが、異郷の地、ウクライナで、どこまでも続く青い空、この世のものとは思えない味のウォッカ、とドイツとは比較にならない痩身の国民(日本人級らしい)を満喫してきました(最後のに関しては満喫って訳じゃないですが)。この記事読んで、ウクライナ行ってみようかなとか思う人が出てきたら幸いです。まあたぶん逆効果ですけど。ま、なんにせよ見ていきましょう。

任務一:ドニプロペトロウシクへ

日本ってぶっちゃけ結構暑いですよね。これ読んでる人とか多分日本人だと思うんで別に敢えて言うこともないと思うんですがまあ30度ぐらい超えたらとりあえずクーラーつけるじゃないですか。初日のウクライナ、着いた直後の気温は42度でした。ウクライナ人は一体どんな作りになっているんでしょうか。と、話の前置きを軽くして本題に入りましょうか。

上に書いた通り、今年の夏、八月七日から二十七日までウクライナに行ってきました。どういう経緯でこういうことになったかというと、僕が卒業論文を書いてた国立応用科学院の結構仲良かった友達が実はユーリって言う名前のウクライナ人で、せっかくだからないはずの夏休み中ウクライナに来なよって軽く誘ってもらったんで、僕基本的に遠慮しないんで行ってきました。ウクライナって一言で言ってもドイツの1、7倍ほどの国土があるんですね。僕が行ってきたのはドニプロペトロウシクっていうさっきから名前思い出せないんで必要になる度にウィキペディアからコピーしてるんですけどなんにせよウクライナの東の方の街でした。

他のヨーロッパの街でもおなじみのようにこの街にもドニプロ川と呼ばれる大きな川が街の中心を通っていました。この街の大きな特徴としては、ソ連時代は金属鉱業で栄えていたらしく、外国人の出入りが一切禁止されていたそうです(そもそも外国人がウクライナに行くことがあったのだろうか)。今でも工場が街の至る所にあってまさにゴーストタウンって言う雰囲気を出していました。公式言語はウクライナ語で広告とかも全部一応ウクライナ語で書いてあるんですけど一般的に話すのはロシア語らしく、テレビとか見るとインタビューされている相手はロシア語ではなしててリポーターはウクライナ語とか結構ざらにありました。ウクライナ語は田舎者の言葉として認識されているらしい。

とまあ街に関する紹介はここまでなんですが、当然のことながら僕の旅は飛行機に乗るところから始まりますよね。僕の飛行機はジュネーブを出てプラハで乗り換えだったんですが、僕の隣の乗客が延々とロシア語で話しかけてきて、最初英語で次にロシア語でロシア語話せないんですけど、みたいなこと言ったんですけどあんま意味ないですね。これがこの旅での僕の状況をうまく物語っていた気がする。

飛行機を降りて最初に見たのは「タクシー?タクシー?」とカタコトの英語で話しかけてくるおっさんたちと延々と続く両替所の列。ただ、両替所は実は銀行の一部みたいになっていて当然ATMもあってクレジットカード使えばお金がおろせるようになっているのに、なぜかそこに行く人は見当たらず。「なにやってんだろこの人たち」とか思いながらもっていたクレジットカード三枚を全部を試した結果、結局列の一番後ろに行くことに。ま、ウクライナだよな。

ちなみにですが、観光目的で行った場合、入国審査で「トゥーリズム」というのは避けましょう。「テロリズム」と勘違いされてすごい厄介なことになった僕の二の舞になります。

東ヨーロッパに来たことがある人はわかると思うんですが、基本的に水道水はウォッカがある限り必要ないということで飲めないんですね。僕空港出たとき喉の乾きが半端なくてですね、しかもなぜかキエフってスーパーが全然見つからないんですよ。めっちゃ探したあげくに見つかった店でウォッカが一瓶なんと3€。ポーランドと同じレベルなんですよね。すごい感激しました。ちなみにこのスーパーでは水が見つからず次のスーパーへ。

またしても話が飛びますが、ウクライナを英語のみで突っ切るってのは結構キツいですね。僕は若い人は少なくともちょっとは話せるだろうと思って話しかけてみました。
「君、英語話せる?」
「いや、別にいいよ。ありがとう」
うむ・・・。こちらこそありがとう。

何分か後、今度は変なおっさんが話しかけてきました。
「タクシーを何を探してるの?」
なんだなんだ?

一言も話さずに電車のチケットを受け取った後、ドニプロペトロウシクへ夜行列車で向かいました。8時間ぐらいかかるんですけど1000円ぐらいで行けるんすよね。文明開化の音がしそうな駅に着いたらユーリ自慢のBMWで待っていてくれました。ドイツの中古車を輸入したらしい。

朝早かったんでとりあえず朝食食べて当然3ショットウォッカ。水をくれ。これが家族の写真なんですけど、ホントは6人なんでがんばって6人目探してみてください。ちなみにちょっとぼけ気味なかわいげのあるおばあちゃんが隣に住んでるんですけど残念ながら写真とれませんでした。次行ったときに会えるといいですね。

任務二:ウクライナの実情を収める

この記事読んでる大半の人が大好きなトイレの話から始めましょうか。このパートでは普段は見られない、僕が経験したウクライナの「実情」を生々しく語ろうと思います。当然ウクライナは独立したばかりのまだ若い国なので「歴史的」なものが街の至る所で見られたりするんですね。一応言っておきますが国民はドイツ人とかフランス人とかとはあんま変わらないっていうか、ただ低脂肪バージョンになっただけですね。このパートがこれからウクライナに行く人たちの助けになったら幸いですね。

なんにせよこのトイレの写真はユーリの妻ターニャが通っていた学校(小学校から高校まで一校)で、見たところトイレットペーパーがないとかそんなレベルじゃなく、プライバシーがどうこうとか多分日本の女子高生が見たら使うのなんのとか言う以前に叫びだすわ。学校の怪談に出てきたらきっと放送禁止になると思う。まあ僕使ってないですけどどんなにトイレに行きたい状況でもこのトイレだったら普段の30パーセントぐらいしか発行できないと思う。きっと強い心を持った子供たちを作るって言うウクライナの思惑なんだろう(と、強く願っている)。

遠くから見るとこういう風景。見える通り砂漠のような校庭を渡って得られる、半分も満たされない至福のひととき。僕も、強くなろう。

When you write a map you take normally a piece of paper and create a two-dimensional projection of the streets often simply depicted by lines. Who told you that it's enough to be a map?

The thing is in Ukraine you often find a sudden "gap" in the middle of a street, totally unexpected. "A gap" is actually a bad description since you can find scarcely only one, depending on your ability of seeing you would see different types of three dimensional irregularities all over the streets. I'm not sure if the surface of the moon is less flat than Ukrainian streets.

So here's at least one photo which seems to be normal. What is this? This is actually a hotel built in the USSR era, but never finished. And what happened then? Nothing. Yes, literally nothing happened after the fall of the USSR and no one wanted to take care or do anything for this building. At any rate you should not stare at the building all the time if you are in a car otherwise you are not prepared for the next street gap/hole/whatever. Unfortunately or fortunately I don't have a picture from the near but it looks there are still some activities going on, but not official ones. As a representative one I put this photo but all over the city you can see other objects like this. The colorful facade makes it even more creepy...

Ukraine is an animal-friendly country. You can see it also at home, since apparently every household has a certain number of animals. Here for exameple at Yura's place there are a bold parrot, which bites you if you offer him something to eat or drink, rabbits, cats, dogs etc. Of course on the street you can see horses. The difference to western countries is maybe the fact that even police use horses as a way of transportation. And the French colored cars looking like kid's toys are also police cars. The day they use pigs as a storm attack division against street demonstrations is maybe not too far away in Ukraine.

It's a shame that I don't have a better photo than this one because sometimes the trams here look so much more historical. Anyway the Ukrainian trams which make any black-and-white movies valueless were purchased from the Checz republic, which is not necessarily the most developed country in the world. Looking at the conditions of the rails first I thought they were not used anymore. It's a fortune for the Ukrainians that they are not too fat/heavy. The price is constant and around 20 cents. One day when I speak Russian perfectly I will try to negotiate the price with the conductor.

In certain domaines, there are sometimes prejudices and we are in a high extent unconscious of them. For example, what do you think there are in a park? See-saws? Swings? In Ukraine, there's a Katyusha. Surprisingly it is very difficult to find a supermarket here. Also very difficult to find a police officer. But you can find a Katyusha in a park and everywhere around the country, according to what I saw, it is normal to put a military or political item, in many cases both of them, in a park.

One nice thing in Ukraine is the fact that the people are sometimes remarkably easy going. Of course I mean it in a positive sense.

Or maybe it's also a certain kind of prejudice but this grandma is pouring water, under rain. This was the first times since several weeks it rained and the city was full of whoops of joy... or maybe not. Anyway, this easy-goingness was something maybe the western countries have lost in the course of development, as I was most probably the only one caring about the gaps in the streets, the ghost hotel standing alone in the middle of the city or the grandma pouring water under rain. Don't care about small things too much let's drink wodka.

Closing words

After coming back to France, it appears to me like a long summer night dream to have been in Ukraine for 10 days. Of course there is no illusion nor lies, but the reality that overcame all the clichés I had heard before was so overwhelmingly impressive that I cannot stop recalling everything again and again, trying to digest all I've seen, heard and experienced. Passing 20 years after the collapse of the Soviet Union, the trace of the transition of era still has a deep impact on the Ukrainian society, and probably it will take some more time to recover completely from the past. However, the mental attitude of the people is sanguine and healthy. This strength will certainly have a positive effect on their lives.

A small cup of borscht with a little drop of smetana in the middle, a dish Ukrainians never stop loving, will hopefully remind me one day of my wish to come back here again.

Special thanks

And so do I finish up my article by expressing my gratitude to the guys who realized my great journey to Ukraine. I hope they will have a great time in Germany!